INFO

Fullfull Pocket 現体制の活動終了のお知らせ

いつもFullfull Pocketを応援頂きまして、ありがとうございます。

皆様にご報告すべきことがあり、お知らせをさせていただきます。

この度、2020年4月4日にFullfull Pocketは現体制の活動の終了と活動の休止をさせていただく運びとなりました。

今年の秋にメンバーの桜木と宇敷より活動終了を希望する申し出があり、11月のワンマンライブから2020年以降の展開に関わってくる事を進めている中であったため、進路の方向を大きく見直し、Fullfull Pocketとして、そしてメンバーのために、どのような道を進んでいくのが良いのか、時間をかけて慎重に協議してまいりました。

 

そして、石井の体調につきましては、具体的なことは控えさせて頂きますが、万全な体調になるまで休む必要があることを所属事務所様より申し出があり、フルポケ全体の事を考え、全員がこれからの歩むべき未来を考えこの選択に至りました。

なお、広瀬みのりは、まだ構想段階ではありますが準備期間を経て新たな形での活動を開始する予定です。

3月中旬には「SINGER-SONGダイバー」「桃色セツナ」「シンデレラPOP!!!」を収録したニューシングルを発売する予定です。

 

2020年4月4日の現体制ラストライブまで、残り短い時間ではありますが4人で今まで以上の最高のフルポケを感じて頂けるよう駆け抜けてまいりますので、誠に勝手ではございますが、引続き変わらぬご声援を頂けますと幸いです。

 


2019年12月30日
Fullfull Pocket
メンバー・スタッフ一同

- - - - - - - - - - - - - -

●宇敷 陽南

2020年4月4日のステージでFullfull Pocketを卒業することを発表させていただきました。 
いつも応援して下さっている皆さんにはとても申し訳ない気持ちでいっぱいですが、
私なりに沢山考えた結果このような選択をいたしました。

私は、今年5月ライブ中に右足首を怪我してしまい一時期座ってライブをさせて頂いていました。ダンス復帰をしてからも時折足の違和感を感じつつ、足のケアをしながら活動をしていました。しかし、連日のライブ活動をしていく中では、足の痛みや違和感で自分が納得できるパフォーマンスを皆さんにお見せできない事もありました。それがとても悔しかったです。
特典会で椅子に座って参加をした時など、皆さんにご心配をおかけてしまった自分が情けなかったです。

足の怪我は私にとってとても衝撃的な事であり、パフォーマンス中にまた同じように右足首を怪我してしまったらどうしようと不安な気持ちになってしまう事もありました。
この様な気持ちを持ちながら活動を続けて行く事は自分としては苦しくて、一旦ダンスから離れ足の回復に専念して行きたいと、今年の秋頃に所属事務所のマネージャーさんと話し合い、フルポケのスタッフさんへ活動に区切りをつけさせていただきたい意思をお話しいたしました。

今後は以前のように、学業を優先しながら芸能活動を続けていきたいと思っています。

いつもフルポケのことを応援して下さっている皆さん、フルポケのことを支えてくれて、グループの成長を見守ってくれて本当にありがとうございます。

あと約3ヶ月、Fullfull Pocketの一員として力一杯活動していきたいと思います。これまで以上にフルポケのライブでファンの皆さんに元気や勇気をお届けする気持ちで、今の4人にしかできないライブをしていきます。一つ一つのライブを大切に、フルポケらしく歩んでいけたらなと思っています。

フルポケのパフォーマンスで、皆さんを幸せにできるよう、ファンの皆さんへの感謝の気持ちを込めて全力のパフォーマンスをさせて頂きます!
あと3ヶ月、Fullfull Pocketをよろしくお願いします!
 

●桜木ゆふ

私は4月4日もってFullfull Pocketを卒業することになりました。
突然の発表で驚かせてしまって本当にごめんなさい。

約2年前に加入してから、考えなかった日はないくらい毎日フルポケの事で頭がいっぱいでそんな毎日が楽しくて楽しくて幸せで仕方ありませんでした。
できることならこの先もずっと、大好きなメンバーとファンの皆さんと一緒にこの場所にいたい。

だけど、今自分は学業とアイドルを両立している中で、周りの人が卒業に向けて就活をしたり話をしている姿を見て、自分は今後何をしたいのか沢山沢山考えるようになり、自分の進みたい道も見えてきて、まず家族や所属事務所のマネージャーさんに今年の秋頃に話しをして、フルポケのスタッフのさんへ来年の春から夏休み前までに区切りをつけたい旨を伝えさせていただきました。

小さい頃からずっとずっと憧れで大好きだったアイドルになれて、フルポケとしてステージに立ってる時が、みんなと一緒にライブを作っている時間が大好きで1番の幸せでした。

私は本当にフルポケのメンバー、フルポケのスタッフさん、そしてファンの皆さんが大好きです。

4月4日までまだまだ成長して、私達の歌を沢山届けていきます!!
これまで以上に全力で走っていくので、会いにきてほしいです。みんなに会いたい、たくさん話したいです。
最後までよろしくお願い致します!
 


●石井栞
Fullfull Pocketは、2020年4月4日のステージで現体制活動休止することを発表させて頂きました。
それにともない、私、石井栞はFullfull Pocketを卒業します。

今年の秋頃から体調が良くない時期が続き、所属事務所マネージャーさんとの話し合いの結果、万全な体調になるまでしばらく体を休めることになりました。

アイドルが大好き、フルフルポケットが大好き、ファンの方達が大好きだからこそ、卒業は辛い選択でした。

色々と想いはありますし、皆さんに歌を届けたい、パフォーマンスをしたい気持ちは誰よりもあると自信を持って言えます。
 
今は複雑な気持ちもありますが、最後までファンの皆さんとの時間を大切にして臨んで参ります。 

残り3か月全力で頑張りますのでよろしくお願いいたします!

●広瀬みのり

私たちは、4月4日をもって卒業することとなりました。

メンバーの卒業の意志を聞いた日から、どうしていくべきかをしっかりと向き合い、フルポケスタッフさんとの話し合い等を経て沢山考えてきました。

Fullfull Pocketが、Fullfull Pocketの音楽が、とても大切で大好きです。
だからこそ、この先たとえ1人でもフルポケを続けていきたいと考えていました。
ですが、何度も向き合いながら考えていく中で、私は、このメンバーにしかできないパフォーマンスがあり、このメンバーと夢に向かって歩んできた時間をフルポケの宝物にしたい、このメンバーであったことを大切にしたいと思いました。

 

そして私は、その大好きで大切な宝物をこの先も胸に秘め、この先どのような形であってもステージに立ち、歌い続けていきたいと思っています。

毎日フルポケのことを考えて、時に悩んだりみんなで乗り越えたり、そんな時間が大好きでした。
それはこのメンバーだったから、たくさんのスタッフさんの支えがあり、そしてみなさんからの沢山の応援があったからなのだと改めて強く感じます。
心から、本当にありがとうございます。

4月4日まで、私たちにできる最大の最高のステージをお届けし続けていきます。
どうか、最後まで一緒に駆け抜けてください!
よろしくお願いします!
 


●サウンドプロデューサー 多田慎也

『Fullful Pocket全員卒業』に、いよいよこの日が来たかという当然ながらさみしい気持ちと同時に、それぞれがフルポケの活動を通じて培ったであろう感性で、キチンと将来のビジョンを描けたことに誇らしい気持ちもあるというのが正直なところです。

まずはフルポケメンバーたちの声で鳴らしたたくさんの楽曲たちを愛し支えて下さった皆様に、心より感謝申し上げます。

全身全霊で楽曲を作ってきました。
だからもしこんな日が来たら残念な気持ちしか湧き起こらないだろうとずっと予想していました。
しかし不思議とそんな気持ちにならなかった理由は、メンバーたちもまた全身全霊でその曲たちに向き合い歌ってくれたからということに他なりません。

厳しいトレーニングと、妥協のないレコーディング、そして何よりも皆さんと共に作り上げたたくさんのライブを通じて、メンバーたちは本当にびっくりするくらいの成長を遂げました。

 

これからもっとやりたかったことはたくさんあったとしても、
今までフルポケと作ってきた作品に後悔は一切ありません。

 

『1』から『4分の4』になるようなメンバーたち。その日が4/4というのも何やら不思議な偶然です。

 

今後のことを考えながら、
大いに悩み、話し合いを重ねていた時期にレコーディングをした曲たち。
今までで1番良いボーカルが録れました。きっと全ての思いを歌の中に吹き込んだのでしょう。

 

「Jpopの夢をフルポケに託したい」といつかのライブでお話しさせていただいたことがありましたね。
その思いは今も変わっていません。

 

4分の1となり、フルポケのイズムを持ったメンバーたちが、それぞれのフィールドで一体どのような活躍を見せてくれるのか。
今から楽しみです。

 

でも、いつかまた4人が一緒に笑っているところをみたい。
そう思ってしまうのは僕もいつの間にかフルポケのファンになってしまったからでしょうか。

4分の4はいつまでもずっと1。

今はどんな言葉よりも、
そんな数学を信じたいです。

- - - - - - - - - - - - - -

なお、Fullfull Pocket現体制の集大成といたしましてラストライブを以下日程で開催いたします。

■Fullfull Pocket 現体制ラストワンマンライブ
日程:2020年4月4日(土)
会場:池袋harevutai
(東京都豊島区東池袋1-19-1 Hareza池袋 harevutai)

※詳細は後日お知らせ致します。


■Fullfull Pocket 今後のスケジュール
・1月12日(日)
ふるさと祭り東京2020 ふるさとステージ出演(東京ドーム内)

・1月18日(土)
単独公演「LIVE in pocket~ハツハル2020~」
12:00開演 / ヤマハ銀座スタジオ

・2月23日(日)
単独公演「LIVE in pocket」

・3月中旬
5thシングル リリース

・4月4日(土)現体制ラストワンマンライブ
池袋harevutai


 

©FullfullPocket project All Rights Reserved.